M&Aって?基礎から知りたい!

"M&A"は何の略?

”M&A”とは、Merger and Acquisition(英)の略語です。”Merger”は”結合”ないし”合併”そして”Acquisition”は”取得”ないし”買収”を意味します。つまり、日本語で”企業買収・結合・再編”と表現されるような企業活動の総称です。もっとも、"M&A"にしろ”企業買収”等にしろ、経済用語ないし日常用語に過ぎないので厳密な意味は定まっていません。

M&Aは主に、買収等による”シナジー”の獲得や株主構成の変更による企業価値の向上を目指して行われます。”シナジー”とは、買収・結合等による企業価値の増大を指します。その他に、企業グループの再編・事業統合・経営不振企業の救済等、多様な目的で活用されます。近時は特に事業承継の手段としても注目されています。

M&Aを実現する代表的な手法

そうしたM&Aを実現する方法は多様です。

まず、M&Aの対象となる会社の株式を取得する方法が代表的なものですが、この手法は対象企業が株式会社である場合にしか用いる事が出来ません。株式交換・移転も同様です。対象企業が持分会社であれば、合併したり、事業の一部を吸収分割して承継する方法によってM&Aを実現することが出来ます。会社以外の企業であれば事業の譲受けによって実現できます。

いずれの手法も会社法・金融商品取引法・商法等多様な法規制が絡み合い実現手続は複雑となっており、また、手法によって租税コスト始めとする費用も大きく変動します。さらに、適法な手続にのとって後日の紛争を防ぐことはもとより、経営的な観点から適切なM&Aを実現するにはそれぞれの手法に応じた専門的なノウハウが欠かせません。