知りたい!M&Aの手続きのやり方

M&Aの手続きは法律家に任せよう

М&Aとは、会社の合併などの組織再編の総称をいいます。そのなかでも、特に吸収合併をさすことが多いです。
では、М&Aはどういった手続きで行えばいいのでしょうか。合併契約書を作ったり、株主総会の承認決議を行ったり、債権者保護手続きを行ったりなどすべきことは多いです。あくまで会社の運営をするスペシャリストである取締役が、法律家の指示なしにこれらの手続きを行うことは無理があります。そこで、М&Aの手続きは弁護士や司法書士などの法律の専門家に任せるべきです。
法律家として弁護士と司法書士をあげましたが、コンプライアンス面で強い弁護士、手続き面で強い司法書士という風に役割は分かれます。あなたが優先したい方の専門家を選ぶか、それとも場面別に両方の専門家を選ぶかするといいでしょう。

法令順守と手続きは両方大事

М&Aの手続きにおいて、コンプライアンス(法令順守)と登記などの手続きは両方が大事となってきます。
法令順守が守られていない吸収合併は、違法なものとして、合併当事者である会社やその株主や債権者を混乱させます。場合によっては、合併自体が効力ないものとして扱われかねません。また、最終的に登記をすることで吸収合併は成立しますが、それまでの手続きが重要だといえます。特に、合併で重要になるのは、債権者を保護できるかです。債権者にとって債務者が変更することになるため、吸収する会社が債務者として信頼できるものであるかどうか見極める期間が必要なのです。
このように、М&Aは弁護士の守備範囲である法令順守と司法書士が比較的強い法的手続きの双方が備わって有効なものになるといえます。