M&Aって何の略なの?

М&Aとは企業と企業が一つになることです

近年ビジネス関連のニュースで商社と商社がもしくは銀行と銀行がM&Aを行なったと聞きます。ただビジネス関連用語を知っている人間からすれば驚くことなのですが、用語を知らない人にとっては良く分からない英単語になります。そこで改めてM&Aをおさらいしたいと思います。
М&Aとはマージャアンドアクウィジションの略で、マージャはビジネス英語で合併を意味しアクウィジションは取得を意味します。この言葉の意味をそのまま受け取ると、企業が別の企業に働きかけて交渉し一つの団体として生まれ変わることなのです。そのため交渉を了承した企業は永劫社会から消えてなくなり、交渉を成功し合併を成功した企業は社会に残り続けることが出来ます。

M&Aのメリットとは何なのか

M&Aのことを知らない人にとっては、社会ドラマなどを見て巨大な企業の人間が力の弱い善良な企業を強引な手で乗っ取るイメージが強いです。確かにM&Aのなかにはそれをしてしまう企業も存在しますが、しかしM&Aの全てが悪いことではないと知ってほしいのです。力の弱い企業の多くは類まれな技術やノウハウを持っていることが多いですが、それを維持できる力がない場合には残念ながら強いものに淘汰されてしまうことは自然の流れです。何より技術やノウハウが他国の企業に乗っ取りを受ければ、その有益となる情報が流出し自国の衰退にも直結する事態にもなりかねないです。そこで力のある企業と自社の名前を捨ててしまうのは忍びないですが、それでも合併吸収を受け取ることによって技術やノウハウが外部に流出することを防げます。さらに相手の資本力でより世界に広めることができるのと、働く人間の居場所を安心して働ける環境の確保がメリットです。